これから注文住宅を建てる人で散らかりたくない人必読!「片付けの解剖図鑑」を読みました。

突然ですが、、お家片付いてますか?!

こんなこと聞く私の家は、絶賛1歳児の怪獣が暴れまくりなので片付くはずもなく..

特に夏は保育園でもたくさんのお着替えがあったりするので

洗濯物が散乱していたり、娘の食べ物の食べかすが落ちていたり

散々な状況です..

 

そんな中なので、新しい家は絶対にモノが散乱しない家にするぞ!!!

と鼻息荒く意気込んでいます。

そんな中、手に取った本はこちら ↑

 

なんか、もう表紙にイラストがたくさんあって

読みやすそう〜!なのと

Amazonの評価も良かったので読んでみました。

 

「片付けの解剖図鑑」を読んだ感想としては..

 

忘れがちな収納とそれに必要なサイズを

イラスト付きで親しみやすく教えてくれる本です。

 

良いな、と思ったところを少しだけご紹介します。

まず目次だけ読んでも、

家を街に例えたり、「懐が深くていいのは、力士だけ。」とか

なーんかつまらなくなりがちな収納についての話を

読みやすい例えで解説してくれます。

 

本当に、その通り!

リビングのテーブルは万能なんですよね。。

その割に周りに収納が少ないと、テーブルの隅が一時物置場になる..;

(我が家の話)

なので新しいお家は、キッチンのダイニング側は収納がたっぷりのものにしました!

これもあるある。

洗濯物を取り込んだ後の居場所て、あやふやなんですよねー

特にまだ乾いてなくて取り込めない洗濯物って、

リビングの適当なところにかけちゃう;

新しい家の対策としては、洗面所を広くとって一時物干し場所を確保します!

忘れがちなもの(置き場所を設定し忘れがち)として、

ペットの餌やりコーナーとトイレじゃないですか?

ペットが複数頭いて、いやいや忘れるわけないじゃないですかー!という人は別にして

 

我が家もぽっちゃりな猫1匹いるので、餌とトイレコーナーを慌てて確保しました;

特にトイレは匂いやその存在自体がちょっと..あれなので

キッチンやくつろぎ場所からは見えないところが良いですよね〜〜!

 

ということで我が家はロフト下の階段にしました。

餌やり機が電源必要なので、コンセントももれなく計画予定です。

 

「片付けの解剖図鑑」を読んだまとめ

 

朝起きてから寝るまでの動きと、

それに必要なモノをシュミレーションすることがとても大事!

ということが分かった気がします。

 

すると、おのずとモノの必要な場所が見えてきます。

(言ってること当たり前なんだけど..;)

 

その場所に必要なモノを、

必要な量とそれを収納するサイズを用意すれば良いんだなーー!

 

繰り返しになっちゃいますが、

分かっているようで、住所のないモノってたくさんありますよね….

 

住所不定wのモノがないように、

収納計画頑張るぞーー!

 

ということで色々なことを教えてくれた今回ご紹介した本です。

家が無事建った後も収納についてアップしますー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です