「「病気にならない家」6つのルール」を読みました!

「「病気にならない家」6つのルール」を読みました!

家づくりについての本を沢山読んでいるので、

今日はその本の紹介します。

 

タイトルの通り、

「病気にならない家」6つのルー

が書いてある本で、

上郡 清政さんという住環境アドバイザーの方が書いた本です。

建設コンサルタントの会社の代表の方でもあるそう。

 

ハウスメーカーのパンフレットを50社以上見た経験からなんですが、、、

家づくりは、、、、

 

宗教。笑

 

色んな考え方が沢山あって、

多分どれも間違ってないし、どれも正解なんだけど、

何を信じるか。何を選ぶかはあなた次第!の世界だなと。笑

 

 

これ子育てもそうだと思う。

 

みんなそれぞれ信じている信条とか方針があって、

それについて他人がとやかく言っちゃいけない世界。

 

家についての考え方も同じだ。

 

なので私の個人的な感想です。

 

 

話はそれましたが、

 

この本で実践すべき6つのルールというものがあって

 

・室内空気の入れ替わりがスムーズ

・足下が温かい

・温度にムラがない

・カビ、ダニが少ない

・薬害がない

・騒音がない

 

だそう。

(この6つは裏表紙の帯にも書いてある内容です)

 

その中でも、

やっぱり!そうだよね!と思った私の信仰部分笑

 

・室内空気の入れ替わりがスムーズ

 

ということ。

 

人が普通に生活するだけで

空気中ってかなり汚染されるそう。

まず空気中の水蒸気が家の中に溜まると

結露の原因になってカビやダニが発生しやすく、

ダニのふんや死骸、カビの胞子などで汚染されるそう。

 

あとは建材の化学物質。

人が吐く二酸化炭素などなど。

 

 

 

高気密住宅、24時間換気の家に私なりに疑問なところがあって

住宅レベルの換気システムじゃ換気にならないでしょうよ〜と

思っていたのですが

やっぱりそうだった。

 

一番はこまめに窓を開けて換気すること。

5分で良いそうなので、

1日のうち何回か換気をすると良いみたいです。

 

換気といっても、

ただ窓を開ければ良いというもんじゃなくて、

いかに家の隅々まで空気が循環(入って出ていく)するか。ということらしい。

 

前にも読んだこの本にも、

エアコンのいらない家できるだけエアコンを使わずにエコに生活したいと思っている方必読!「エアコンのいらない家」を読みました。 風の通り道をきちんと考えることが

快適な家の条件!と書かれていて

なるほどそうだよなと。

 

風の通り道は入るだけじゃなくて、

出口も必要で、

さらに対角線上にあると有利で

温かい空気は下から上へいくから

下から入って上に抜けていく道もあると良いとか。

 

で、我が家なのですが、

風の通り道は割と考えている方なのですが

足下が温かい

温度にムラがない

 

はどうでしょうね..笑

 

足下が温かい、については

安易に床暖房なのかな?と思うのですが、

この本によるとそうでもなく

床が湿っていると冷えやすい。とのこと。

へー

でも冬てどちらかというと乾いてるよね?とか

この辺りはこの本の内容は信じていません。;

 

冬はラグ敷くし良いか。笑

 

次に温度にムラがない。について

吹き抜けだから絶対にあるよなー!笑

しかも、実は1階玄関の明かりとりのために

1階〜2階の階段のところがスリット的に吹き抜けになってます。;

 

これもさ、宗教で、

私は機能より見た目!明るさ重視でいきます。

 

だって家づくりは宗教みたいなもんだからね!笑

 

ではこの辺りで失礼します!

 

今日読んだ本はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です