土地を買う前に確認したい!災害に強いかどうかを調べる方法

土地を買う前に確認したい!災害に強いかどうかを調べる方法

土地を探している時って、

とにかく「立地」と「価格」が

最重要検討ポイントになりがちですよね..

私も毎日のようにSUUMOやらアットホームで土地探していたので

これは!!!!と思ったらすぐに飛びつきたくなります。

 

が!!

買ってからでは簡単に変更のきかない土地。

私が土地を購入する前に確認した、

簡単な確認ポイントをご紹介します。

それは….

ハザードマップで確認する

 

これだけ!?

と思うんですが、

今日読んだこちらの本にも

ハザードマップで確認する大切さが書かれていました。

 

土地を購入する前に「ハザードマップ」で

確認している人ってどのくらいいるか知っていますか?

 

この著書に書いてあったのは

洪水被害のあった地域の中で

ハザードマップの存在は知っていた人は75%だったのに対して

実際にその内容を理解していた人は24%だったそうです。

また洪水の可能性がある低地居住者の70%が

洪水の危険性を楽観視していたそうです。

 

なんだそうです!!

 

幸い、、我が家の土地は

液状化や洪水の心配もなさそうですが、、

それだけで安心はしていられないな…と思います。

 

この本から学んだこと、いくつかご紹介します!

(全部紹介するとネタバレになるので、一部のご紹介です)

 

1.基礎はきっちり40センチ以上確保!

これ、最近建つお家のほとんどは40センチ以上が普通だと思うんですが

都内の狭小家に建つお家とかだと、

ギリギリの30センチとかで建てる場合があったり

家の前に花壇とか作って家自体が埋まってしまう(地面に近くなる)

こともあるそう。

 

2.窓にできるだけ雨戸を設置する!

昔のお家は雨戸が大体ついてましたが、

今のお家は雨戸でなく、シャッターになりますね。

台風の時に、シャッターを閉めてしまえば

窓ガラスが割れる心配がないので、

雨戸(シャッター)は付けた方が良いそうです!!

 

なるほどー

計画中の我が家は

今のところシャッター0なのでw

吹き抜けの窓はシャッター後付けでもした方が良いかな..と思っています。

万が一割れたら手が届かないのでふさぎようがない!;

 

3.あらゆる外部の排水溝の掃除をきっちり!

結局、雨が降って流れていく先は排水溝なので

ここがゴミで溜まっていると水が溜まります。

また、バルコニーには必ずオーバーフローの設置を!出そう

オーバーフロートは

万が一排水溝が塞がった場合、水がある一定のところまできたら

そこから外に排水する仕組みのことです。

我が家のバルコニーには

「オーバーフロー」の文字があったので大丈夫そう..

 

4.後付けしたエアコンの配管穴に注意

家が完成した後に、テキトーなエアコン設置業者とかに

設置を頼むと、配管穴の処理をテキトーーにされて

雨漏り→中の構造の部分も濡れて強度が保てなくなる..

の事例が沢山あるみたいなので

新築当初からエアコン位置の穴をきちんと計画して

処理を徹底することが大切みたいです!

 

5.修繕のためのお金をきちんと貯めておく!

マンションの場合は、修繕積立金という名目できっちり徴収されますが

戸建ての場合は自分自身でしっかり貯めておかないといけません。

 

この本の中では

定期的な修繕として

10〜15年に1回、

外壁・屋根の再塗装

バルコニー防水

その他にも、天窓の補修・点検等の金額の一覧表等も出ていて

参考になります。

 

戸建てはメンテナンスさえしっかりしていれば

住み続けられる!そうなので、

家が建ってもメンテナンス費用をコツコツ貯めないとなーーーと思います。

 

ちなみに、

定期的に補修やメンテナンスを怠っていると

結局災害の時にダメージを受けやすくなり、

コストもメンテナンス以上にかかってしまうので

補修・保守は大切なんだな..と思いました。

 

あとは生活のインフラを2階に持ってくる..とか。

万が一1階が浸水しても、2階で生活できる!ということだそうです。

 

ということで、

土地や戸建てを買う方は

この本が参考になります。

戸建てだけじゃなくて、マンションのことも書いてあって良いです。

 

今日はそんな感じです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です