クリナップの横浜ショールームに行ってきました!

クリナップ横浜ショールームに行ってきたブログ

クリナップの横浜ショールームで色々選んだ話

 

こんにちは!

中川あやです!

 

今日はキッチンの仕様を決めに

クリナップ横浜ショールームに行ってきましたよ〜!

色々とレポしたいと思います!

 

クリナップ横浜ショールームはこちら(公式HP)

  • クリナップ横浜ショールーム
    住所:〒220-0012
    神奈川県横浜市西区みなとみらい4-7-3 横浜メディアタワー2F
  • TEL/FAX:045-226-5630 / 045-226-5640
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:水曜日(夏期・年末年始休日等有り)

エントランスです。

クリナップ横浜ショールーム入り口

クリナップ横浜ショールーム入り口_キッチンタウン

クリナップの主な特長は

内部がステンレスの

「ステンレスエコキャビネット」なので

入ってすぐのところに展示がありました〜

 

クリナップ横浜ショールーム入り口_ステンレス基板

クリナップのショールームは予約してから行くのがマスト!

ショールームは

フラッっと立ち寄って見学することもできるのですが

じっくりキッチンの仕様を決めるのであれば

事前の予約が必要です。

 

ハウスメーカーのインテリア担当の方が

予約してくれる場合もありますが

自分で簡単に予約することができるので

ホームページの「ショールーム」のボタンから

予約をしましょう〜

注意
※空いている枠が少なかったりするので早めの予約がおすすめです!
クリナップショールーム予約の仕方

公式HPより画像お借りしました。クリックするとショールーム予約画面に進めます。

クリナップのショールームでは何を決めるのか?

クリナップショールームでは何を決めるのか?_ラクエラ

そもそも何をしに行くのか?ですが

だいたいのハウスメーカーは

こんな感じの↓

「標準仕様」というキッチンの内容が

決まっています。

クリナップ_ロビンスジャパン標準仕様_ラクエラ

私が今回お願いしている

「ロビンスジャパン 」の

標準仕様です。

この内容でOK!!であれば

建物の見積もりに

そのままこの内容が入っているので

プラス0円で進めることができます。

 

が!

水栓を変えたーい!

オープンキッチンにしたーーい!!

天板をステンレスじゃないものにしたーい!!

という人は(私)

ショールームに行って仕様を変更していきます。

 

ちなみに「ロビンスジャパン 」の

他のキッチンの標準仕様は

・LIXIL(リクシル)

・パナソニック

・トクラス

・TOTO

が選べます!

 

私はトクラス以外の4社のショールームを見に行って

最終的に「クリナップ」にしました!

(※なぜクリナップにしたかは後でご説明しますね♪)

 

ここで、

ショールームに行くのめんどくさいな〜と

思われた方へ!!

行くと良いこと3つお伝えします

ショールームに行って良いこと その1

 

正解の収納仕方が分かることです!

システムキッチンってよく出来ていて、

ここにこんな物を収納するから

この高さ!というのが

設定されています。

 

ショールームに行くと

実際にどんな物を

どんな風に収納されているか?を

実物で見ることができるため

入居後の収納の参考になります!!

シンクの手前の引き出し

ショールームに行って良いこと〜収納の正解が分かる〜

引き出しの中に引き出し!

ショールームに行って良いこと〜収納の正解が分かる〜

下の方の保存食系はここ

ショールームに行って良いこと〜収納の正解が分かる〜

ショールームに行って良いこと〜収納の正解が分かる〜

実際に物が入っていると

どのくらい収納できるかが参考になって良いです〜!

 

ショールームに行って良いことその2

カタログでは分からない

商品の違いがすぐに分かることです。

 

例えば、ぱっと見で分からない

ガスコンロや換気扇等の違いを

「これとこれの違いはなんですか?」と

アテンドの方に聞くと即答してくれます!!

ラインナップによって

選べる機種も違ったりするので

手っ取り早いです!

 

ショールームに行って良いことその3

実物の天板や扉のカラーを

見ることができます。

 

カタログを見ていても

天板や扉の色味は分かりません。

実際に展示されているキッチンがたくさんあるので

出来上がりがイメージしやすいです◎

 

サンプルの大きい物があったり↓

ショールームに行って良いことその3

扉の色と天板を合わせたりすることができます↓

ショールームに行って良いことその2

 

 

シクリナップのョールームに行くのに必要なもの

ハウスメーカーの方が予約して下さった場合は

事前に図面をショールームに送ってくれるので

基本的には手ぶらでオッケーなのですが

念のため図面も持っていきましょう。

(全体のサイズ確認や

周辺の壁や天井を確認しながら

収納の側板等を決めるので)

そこで持っていくものは

・キッチンのある階の図面

・スケール(コンベックス)

・カメラとか携帯

 

・筆記用具

 

です!

 

仕様を決めた後は

アテンダントの方が

丁寧にカタログに付箋を貼ってまとめてくれますが

後になって

「あれってどんな感じだったっけ?」

となるので、

決めたものは

写真に撮っておくことをオススメします!

 

クリナップのショールームでの所要時間は?

昨日は一度決めた仕様の見直しだったのですが

(オプションの減額をしに…;)

13時半からはじめて

終わったのが15時半!!!!;

2時間です!

結構時間がかかります..

 

あらかじめ予約の枠も2時間くらい取られてますが

お風呂も洗面所も見る場合は

その分時間がかかりますので

お気をつけください〜!

あと、沢山のことを決めるので

疲れます!w

 

クリナップのショールームに行くのは何回?

実はわたくし、

クリナップのショールームは

3回目です!!

なぜそんなに行っているのかというと

1回目:自分が良い!と思ったのを金額関係なしに選びにいく

2回目:実際の見積もり金額に圧倒され、

シリーズのランクを落とした物に変更しに行く

3回目(今回 ):家全体のインテリアの方向性が変わったのと

さらにオプションを見直して減額するため..

です。

 

アテンドの方に聞いても

「2回〜3回の方が多い」そうです。

ショールームが遠方の方は

1回で決められるように

慎重に決めましょうーー!!

 

そもそもなぜクリナップにしたのか?

今度じっくり書きますが

一番の決め手は

天板がコーリアンから選べるからです!

コーリアンとは

コーリアン®はメタクリル樹脂を原料とした人工大理石※です。
1965年にアメリカのデュポン社で開発されました。
今では世界130か国で販売されていて、日本でも38年の実績があります。

(公式サイトより)

です!

ざっくり言うと

良い感じの石模様の人工大理石です。

クリナップ_コーリアン

最終的には…標準の天板にした方が安かったので

コーリアンは諦めたのですが(泣)

 

あとはクリナップが

キッチン専業メーカーということ

クリナップの名前、

英語で書くと

[cleanup]

クリーンアップで、

お手入れのしやすさが特長みたいなんです。

 

他のメーカーは

TOTO:トイレ専業っぽい

(洗面所は素敵)

 

パナソニック:ショールームはカッコ良いけどピンと来ない..

 

LIXIL(リクシル):良い感じだけど扉の面材が安っぽい気が…

ということでコーリアンが選べる

クリナップの一択になりました!

他社との金額比較でいえば

リクシルは掛け率(定価から業者価格になる率)が

良いことで有名!?ですが

多少の差であればクリナップ!

という感じです。

今回私が決めたのはコレ!

あまり興味がないかもしれませんが;

私が選んだ物をご紹介したいと思います。

シリーズはラクエラです

クリナップには

・セントロ(最上位モデル)

 

・ステディア(中もオールステンレスの中位モデル)

 

・ラクエラ(ローコストハウスメーカーはほとんどこれが標準かと)

があります。

今回は標準であるラクエラから選びました。

 

でも、、まーーーー…

 

選んでいく中で

「それはラクエラの中では選べないんです;;」

という言葉を沢山聞きました…w

ショック…

クリナップショールーム_ラクエラシリーズ

リーズナブルなモデルなので

選べる範囲が狭いです。;

 

特に先ほどあげたコーリアンは

クリナップから選べるのは

5色なのですが

ラクエラからは2色の中からしか選べません!;

 

なので、

どうしてもキッチンのこだわりが強い人は

必然的に「ステディア」モデルになります。w

 

ということで

前置きが長くなりましたが、

こんな感じで選びましたよー!

 

こちらが「ラクエラ」さん↓

 

クリナップショールームでは何を決めるのか?_ラクエラ

カタログでいうと

このページからのスタートになります。

ここから1つ1つ決めていく感じですね。

クリナップ_キッチン決め

換気扇は「Jタイプサイドフード」です。

クリナップショールーム_換気扇_Jタイプサイドフード

クリナップショールーム_換気扇_Jタイプサイドフード

クリナップショールーム_換気扇_Jタイプサイドフード

クリナップショールーム_換気扇_Jタイプサイドフード

お掃除しやすそう。

ちなみにクリナップは

「洗エールレンジフード」という

全自動で換気扇の内部洗浄してくれるものもあります!

(こちらは自分でお掃除するタイプです..w)

 

次に食洗機!

「パネルタイプ」と「扉面材タイプ」の違いは

表面に枠が付くか

表面に枠がないかの

どちらかです。

見た目すっきりした方が良いなと思ったので

「扉面材タイプ」にしました。

クリナップ_食洗機

クリナップショールーム_食洗機_扉面材タイプ

 

クリナップショールーム_食洗機_扉面材タイプ

ちなみに

食洗機には

「浅型」と「深型」がありますが

「ラクエラ」は「浅型」しか選べません!!;

それでも5人分は入りますけどね♪

 

お次はガスコンロ!

IHにするお家も増えていますが

IHに慣れていないのと

子どもに火の取り扱いを教えたいので

ガスコンロに。

クリナップ_ガスコンロ

取手と操作部がカッコいい物を選んでいましたが

グレードを下げて選び直しました。

選び直したのはこちら

クリナップショールーム_ガスコンロ_ガラストップコンロオートグリル

操作部分がちょっと頼りない感じしますが;

魚焼きのオートグリルが付いているので

とりあえずOKに

クリナップショールーム_ガスコンロ_ガラストップコンロオートグリル

前まで選んでいた物↓

クリナップショールーム_ガスコンロ_カラーステンレスフェイスガラストップコンロ

操作部分が素敵でしたが、

変更することで定価5万円分は大きいです。

クリナップショールーム_ガスコンロ_カラーステンレスフェイスガラストップコンロ

次ー!

ガスコンロの前のガラス板

消防法?の関係でないといけないそうなんですが

コンセントがオプションでつけられます。

クリナップショールーム_コンセント

定価でプラス2.5万円ですが、

ブレンダーとかミキサー使うので有りに!

クリナップショールーム_コンセント

次!

シンクは「アクリストンシンク」に。

白で汚れやすいとは思いますが

汚れが見えた方が

きれいにすると思うので白に!

クリナップ_シンク

ごみが溜まるところはこんな感じであきます↓

クリナップショールーム_アクリストンシンク

クリナップショールーム_アクリストンシンク

クリナップショールーム_アクリストンシンク

このパーツ、毎日食洗機で洗えそう〜

 

次に水栓!

見た目は「グースネック」が良かったのですが

浄水器も一緒にしたかったので

「ラフィーネ」というL字型?のものに

クリナップ_水栓_エフィーネ

色は黒にしました!

シルバーだと

「磨かなくては!!!」と

プレッシャーを感じるので黒に。

クリナップショールーム_エフィーネ

浄水器のカートリッジは

1年に1回交換だそうです。

クリナップショールーム_エフィーネ

次に天板と側板ですー

コーリアンを選ぶとプラス25万!!なので

やめて標準の天板の「シナモンベージュ」に..泣

 

家全体が「グレージュ」なインテリアにしたいので

側板は「グラセウッドベージュ」にしました。

鏡面なので、

汚れが目立ってお掃除のしがいがあります♪

クリナップショールーム_グラセウッドグレージュ

最後はバック収納です。

高さ100センチの家電収納+ごみ箱に

3段引き出し、

吊り戸収納にしました。

クリナップショールーム_家電収納

家電収納に排気装置をつけることもできますが

外すこともできます!(減額)

その場合は使う時蒸気を逃しやすいように

スライドをひっぱり出して使ってくださいとのこと。

クリナップショールーム_家電収納

 

最後と書きながら….

一番迷ったのがこれ!!

ダイニング側の収納です。

 

この3つから選べるのですが

やっぱり部材が多い方が高いです。

(↓これでいうと右の方が高い)

クリナップ_ダイニング側収納バリエーション

最初から全部収納が付いている

「収納タイプ」を選んでいたのですが

他のシリーズでカウンターが置かれているのをみて

「セミ収納タイプ」も良いかもー!!

と思ってしまいました。

クリナップショールーム_セミ収納タイプ

「オープンタイプ」だとこんな感じ↓

クリナップショールーム_オープンタイプ

「収納タイプ」にすると

かなりの収納量になるので

最後まで迷って、

見積もりを2パターン作ってもらうことにしました;

 

見積もりは1週間くらいで

郵送で届きます。

 

前回よりも減額できたはず..!

 

それにしても…

見れば見るほど

キッチンのグレード上げたくなりますね〜

 

そこで…

これからキッチンを決める人へアドバイス

お料理大好き!

キッチンにはこだわりたい!!

と思っている方〜!!

 

ハウスメーカーが最初に

プランと見積もりを出してきてくれると思うのですが

大体は「標準」のキッチンなので

その金額にプラス100万くらい

キッチンオプション予備費として

みておいた方が良いですよーーー!!w

 

ちなみに今ご紹介した内容だけでも

標準仕様+60万円くらいの内容になってます。。

 

もしくは、

ハウスメーカーが決まる前に

ショールームで自分の好きな

キッチンを選んだ見積もりを確保しておいて

ハウスメーカーが最初に出してくる

見積もりに入れてもうようにすれば

後々、、もっとグレードの高いキッチンにしたかった..

とならないはずです;

 

私の場合は

そんなにお料理大好き!

ずっとキッチンにいたい!

というわけではないので

このくらいで良いかな..と思うのですが

キッチン命!な方は

「キッチンオプション予備費」をぜひ

先に!取り入れてみてくださいーーー!

 

長くなりましたが

この辺りでーー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です